ホーム > 予防案内

予防案内

ワクチンについて

病原性を失わせた病原体、またはその一部が入っています。投与することにより免疫抗体を体内に作られます。そして、実際にウイルス等が体内に侵入してきたときに、この抗体が病気になることを防いでくれる働きをします。

ただ残念ですが、どんな病気も100%予防できるわけではありません。
侵入したウイルスの量と、その動物がもつ免疫力によって、症状が出るかどうかが決まります。しかし、ワクチンを接種した場合は、もし発症しても症状は軽くなる可能性が高いでしょう。

その動物の健康状態やワクチンの種類によって効果に差があります。1年を目安に追加ワクチンを受けることによって、病気の予防だけでなく仮に他の病気にかかっていても早期発見ができ治療を開始できるメリットもあります。

フィラリアについて

心臓に寄生する寄生虫による病気です。
蚊を媒介として刺されることによって感染し、心臓、肝臓、腎臓など多くの臓器の障害を起こします。

放置すれば死に至ることもある、犬にとっては重大な病気です。

フィラリアはきちんと予防薬を投与すればほぼ防げる病気です。
蚊が出てから1ヶ月後より飲ませ始め、蚊がいなくなって1~2ヶ月まで飲ませます。だいたい5月初め~12月下旬まで予防薬を投与します。

狂犬病予防接種

人と動物が共通に感染する病気(人畜共通感染症)の中で最も恐ろしい病気のひとつです。
発症後の死亡率は、ほぼ100%で確立された治療法がありません。

名前からすると「犬だけの病気」と思われがちですが、狂犬病ウィルスは人を含むすべての哺乳類に感染するので、犬だけでなく猫やウサギ、ネズミなどの小動物などから感染することもあります。

日本では狂犬病予防接種の義務化により近年は狂犬病の発生はありませんが、多くの諸外国との交流が盛んな現在、ペットブームにより珍しい動物を飼う方も増えた為、正規の手続きを経ずに日本へ持ち込まれる動物が多くなった事も、いつ狂犬病が侵入するか予断を許さぬ状況と言っても過言ではないのかも知れません。

治療法のない怖い病気ですがワクチン接種によって予防が可能です。
ちなみに、日本では狂犬病予防接種は年に1度必ず行うことが法律で定められています。
忘れず必ず接種しましょう。

アクセス


大きな地図で見る住所
静岡県浜松市東区大瀬町2500
最寄駅
遠州鉄道:さぎの宮
遠州バス:下大瀬

お問い合わせ 詳しくはこちら